製薬会社が作る化粧品とは?化粧品会社との違いやオススメ商品を紹介

化粧品を作っている会社は、化粧品メーカーというイメージが強いですよね。

しかし、昨今では、食品会社や製薬会社も化粧品の製造に乗りだすケースが増えてきました。

製薬会社化粧品を作ることは今までもありましたが、ブランドを増やすだけでなく、メディアでも大きく宣伝などを行っています。

その結果、コスメ業界に一気に乗り出してきており、世間からも注目されていると言えるでしょう。

また、製薬会社の作る化粧品の中には、医薬部外品の商品も豊富にあり、流行であるドクターズコスメも注目されています

今回は、化粧品を製作する製薬会社と、化粧品メーカーとの違いなどを詳しく見ていくことにしましょう。

化粧品製造する製薬会社とは?

よく知っている製薬会社が、実は化粧品の製造をしていたという事はありませんか?

ここでは、化粧品製造している代表的な製薬会社について、詳しく解説していきますね。

ロート製薬

目薬で有名なロート製薬は、ドラッグストアでも販売されていて、認知度も高い「極潤」や「肌ラボ」などを製造しています。

身近な化粧品の製造元が、実はロート製薬だったことに驚く方も多いでしょう。

ロート製薬が扱っている化粧品で、一番有名なのが「オバジ(Obagi)」。

オバジは、ビタミンⅭを高濃度に配合された美容液で、開発には皮膚科医が携わっており、製薬会社らしい化粧品

価格は決して安くはありませんが、効果を確実に得たいという人にはオススメです。

>>ロート製薬の公式サイトはこちら

小林製薬

サプリメントや糸ようじの印象が強い小林製薬も、実はスキンケア商品を取り扱っています。

「ケシミン」や「ビフナイト」を取り扱っており、この2種類は非常に古くからあるブランドで長く愛されていると言えるでしょう。

また、人間が持っている水分保持能を保つために重要なセラミドに着目した、「ヒフミド」というブランドがあります。

セラミドに着目した化粧品は、他にも多々ありますよね。

しかし、小林製薬のヒフミドは、酵母を利用した天然型セラミドを採用しているため、人体がそもそも持っているセラミドに近く、確実な効果を期待できます

その他にも、コンドロイチンで有名なゼリア新薬やアリナミンで有名なタケダと、化粧品製造に着手している製薬会社は非常に多いのですよ。

>>小林製薬の公式サイトはこちら

何を重視して化粧品を選ぶの?

何か購入する際に、コストパフォーマンス重視型と多少価格が高くても効果重視型に分かれます。

この2つのタイプでは、化粧品などを購入する上でのポイントが違ってくると言えるでしょう。

では、2つのタイプについて、詳しく見ていくことにしましょう。

コストパフォーマンス重視型

コストパフォーマンスを重視するタイプはその名前の通り、コスパ重視で購入するかを選別するタイプ

こちらのタイプからすると、製薬会社が製造する化粧品というのがあまり強みにはなりません

製薬会社の開発している化粧品は、価格が安価なものが少ない傾向にあるからです。

価格が高価なものより、手軽で経済的に優しい化粧品を選ぶことがほとんどでしょう。

効果重視型

効果重視型は、製薬会社の開発する化粧品に惹かれる人が多いです。

コスパを重視するタイプは、スーパーやドラッグストアで売られている安いものを購入しますが、効果重視型はどちらかというと、インターネットなどで調べて、より良い効果で希少性の高い商品を購入する傾向に。

価格がそのまま商品の効果とは一概に言えませんが、説得力のある価格で広告、商品説明があり、口コミなどが高評価であれば、効果重視型は購入しようという気持ちになりやすいのです。

これは、インターネット販売が買い物方法の1つとして確立しているという点が強みになっていると言えるでしょう。

スーパーなどの小売店で販売していたら、消費者はこだわりがある人以外はメーカーまでは見ません。

多数の化粧品が並ぶ小売店では埋もれてしまうので、製薬会社の開発する化粧品は、ネットでの通信販売の方が効果や科学的根拠をしっかり説明できるでしょう。

ネット販売を通して、消費者側との距離が近くなったと言える今だからこそ、製薬会社が開発する化粧品の発展にも繋がっているのです。

製薬会社のオススメ化粧品はこれ!

トリニティーライン
大正製薬開発のオールインワン!年齢肌に潤いとハリが目覚める!

  • 美容成分95%以上配合!老化肌がハリ肌へ!
  • 乾燥しがちな年齢肌がすみずみまで潤う美肌に
  • 大正製薬が品質と肌に優しい成分にこだわって開発!
  • モンドセレクション8年連続最高金賞!化粧品部門Prize of Jury受賞!
価格 内容量
3,8001,900円(税抜) 50g
sayousaidai

kousiki

まとめ

製薬会社から出る化粧品は、製薬会社ならでの技術力研究力から開発されています。

ですが、製薬会社から出る化粧品全てが、化粧品メーカーから出ている化粧品より優れているというわけではありません

しかし、化粧品会社に比べると商品の種類が少ないので、それぞれの特徴がわかりやすくて、選びやすいというメリットはあります。

化粧品を選ぶ上で、自分の肌の悩みに合わせたものを選ぶことが1番大切です。

今まで使ってきた化粧品では少し物足りない、科学的に効果が実証されているものを使ってみたいという方には、製薬会社が開発した化粧品がオススメ

安全と確実な効果を求めている人は、ぜひ製薬会社の化粧品を試してみてくださいね。

> 製薬会社のオススメ化粧品はこちら

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ