肌に優しい無添加化粧品の効果とは?特徴と正しい選び方を教えます!

美容ブームにより、さまざまな化粧品が注目され、選択肢の幅が広がりました。

その中でも、医師が開発に携わったドクターズコスメや、添加物が入っていない無添加化粧品オーガニック化粧品は、より注目されています。

「無添加だから、肌に良い!」といった、イメージを抱いている方は少なくありませんよね。

しかし、無添加化粧品が合わない方もいるので、他の化粧品との違いや特徴を知ることが大切

ここでは、無添加化粧品について、特徴や正しい選び方などを詳しく説明します。

無添加化粧品とは?

無添加化粧品は、簡単に言うと「添加物を使用していない化粧品」のこと。

人工添加物は、いわゆる防腐剤には着色料を使用して、見た目を良く見せたり、消費者の注目を浴びやすいようにする等の目的のために使われています。

正直なところ、人工的に作っている添加物なので、体には良くないと言えるでしょう。

添加物と聞くと、まず食品を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

私達が、スーパーやコンビニなどで購入している商品にも、添加物が入っているものが多いです。

安価な商品ほど、添加物が入っているものが多いですが、無添加食品となると高価になる傾向に。

それと同じで、人工添加物を使用しない化粧品は決して安くはありませんが、お手頃な値段の商品もあります。

添加物が入っている化粧品は、肌トラブルが起きる場合もあるので、敏感肌や肌の弱い方は、無添加化粧品を使う方が良いでしょう。

オーガニック化粧品との違い

無添加化粧品と、オーガニック化粧品を同じものだと思っている人が多いですが、明確な違いがあります。

無添加とオーガニックの違いは、天然のものだけで作られているかどうか

無添加化粧品は、人工添加物は使用されていないものの、化学合成物質が使われている可能性があることを理解しましょう。

オーガニックとは、直訳すると有機という意味。

オーガニック野菜といえば、無農薬で作られた野菜のことを言いますよね。

つまり、オーガニック化粧品とは、天然の成分だけで作られた化粧品のこと。

防腐剤等の添加物を使用していない分、使用期限が短いのも特徴なので、しっかり期間内に使い切ることをオススメします。

また、天然素材だけで作られているからといって、完全に安全というわけではありません。

人口添加物は使用していませんが、天然素材に対してアレルギーを持っている人もいるため、使う前に確認するようにしましょう。

無添加化粧品とオーガニック商品、どちらがおすすめ?

無添加化粧品と一概に言っても、無添加という基準は各社によって全く変わってきます。

実際に無添加と謳っていても、化学合成物質を使用して使いやすくしている商品もあるので、しっかりと調べる方が良いでしょう。

オーガニック化粧品は、天然素材のものを使用しているので、肌に非常に優しい商品です。

含まれている天然素材に対して、アレルギーがないかを確認した上で使用しなくてはならないですが、メリットは非常に大きいと言えるでしょう。

この2つを比べると、どちらもメリット、デメリットがありますので、一概にどちらが良いとは決められません。

肌質やアレルギーの有無、使用感など、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

無添加化粧品のメリット・デメリット

 デメリット

  • 防腐剤が入っていないため、腐りやすい
  • 人口合成添加物が配合されているものに比べ、効果を実感するのが遅い
  • 添加物が入った化粧品より、値段が少し高め

 

 メリット

  • 敏感肌やアトピーの方でも、肌トラブルが起こりにくい
  • 肌への負担が少ない
  • 肌本来の持つ自然な力を発揮できる

 

オーガニック化粧品のメリット・デメリット

 デメリット

  • 値段が高いものが多い
  • オーガニック化粧品の定義が曖昧で、化学合成成分を使用している可能性もある
  • アレルギー成分には注意が必要
  • 保存方法に手間がかかる

 

 メリット

  • 副作用が出にくい
  • 肌本来の持つ自然な力を発揮できる
  • アロマオイルの香りでリラックス効果がある
  • 環境に優しい

 

正しい無添加化粧品の選び方

無添加化粧品は、無添加の基準が会社によってバラバラで定義が曖昧です。

そのため、無添加と謳っているので肌に優しいと決めつけて使用すると、肌トラブルが起きてしまうことも。

しかし、どれが一番安全で、信頼できる無添加化粧品なのか、わからない方がほとんどでしょう。

ここでは、無添加化粧品の正しい選び方のポイント3つを説明していきます。

防腐剤や殺菌剤は低刺激のものを!

防腐剤や殺菌剤は、化粧品を長持ちさせる為に使用されていることが多いですが、肌への刺激が強いです。

特に、殺菌剤は肌本来のバリア機能を弱めてしまう可能性も。

成分を確認して、低刺激なものを選ぶようにしましょう。

フェノキシエタノールメチルパラベンは、安全性が高く、敏感肌用の化粧品に使われている事が多いので、安心できるでしょう。

石油系の合成界面活性剤は選ばない!

界面活性剤は、油と水を混ぜ合わせるために必要な成分。

全ての合成界面活性剤が肌に悪いわけではありませんが、含まれている成分の刺激の有無を知っておくことが大切です。

界面活性剤は、天然界面活性剤石油系合成界面活性剤の2種類に分かれます。

2種類のうち、肌に刺激があると言われているのは、石油系合成界面活性剤

石油系合成界面活性剤は、肌のバリア機能を低下させる可能性があるので、敏感肌やアトピー肌の原因にも繋がります

タール系色素が使われているか確認を!

肌をケアする際に、「タール系色素」は必要ありません。

タール系色素が使われているコスメが中にはあるのですが、赤色○号という名称で成分表に書かれています。

この赤色○号というのは、皮膚炎や色素沈着を引き起こしたり、発がん物質性の報告があるなど、避けた方がよい成分なので確認するようにしましょう。

オススメの無添加化粧品

pics3668透輝の滴
美容のプロが愛用中の美容液!無添加で肌にも優しくて安心!

  • エステサロン専用の美容液がついに解禁!
  • お肌のハリ成分を8種類も配合し、すっぴんにも自信
  • 無添加で肌トラブルを抱えている人にも安心!
  • コスメティック総選挙3年連続1位、ハリ肌美容液第1位、海洋深層水コスメ第1位
透輝の滴の口コミ
いろいろな化粧品を試しましたが、こんなにも肌トラブルもなく、肌に優しい化粧品は初めてです!無添加なので、これからも安心して使っていきたいです。
肌のくすみが気になっていました。透輝の滴を使い始めて、肌が透き通った感じがして、すっぴんでもキレイだと褒められることが増えました。
肌に潤いが出てきて、ハリも感じられるようになりました。乾燥することもなく、1年中みずみずしい肌をキープできています。
価格 内容量
2,160円(税込) 10mL
sayousaidai

kousiki

まとめ

無添加化粧品について説明していきましたが、無添加といってもそれが安全とは限りません

無添加化粧品も、商品によっては入っている成分が違うので、肌に刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

敏感肌やアレルギー肌の方にも、無添加化粧品はオススメです。

肌本来の持つ美しさを引き出してくれる効果が期待できるでしょう。

自分の肌に合うものを選ぶことが重要なので、まずは試してみて、自分の肌に合うものを選んで使用するようにしましょう。

> 無添加化粧品のオススメはこちら

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ