更年期の影響で肌にしわやたるみが!?その理由と対策方法を知ろう!

40代、50代の女性の方なら、必ず一度は意識したことがある更年期

更年期、更年期障害という言葉や精神、身体に起きる症状の認知度は非常に高いですよね。

また、更年期になると言われている一般的な年齢が近づくと、意識する女性がほとんどでしょう。

その中でも、意外と多い初期症状として知られているのが、しわたるみです。

しわやたるみは、加齢とともに増えやすくなる肌トラブルの一つですが、更年期になることで更にその症状は悪化

気が付いた時には、深く深くしわが刻まれたり、顔のたるみが生じて、かなりの老け顔になっている可能性があります。

そこで今回は、更年期の症状、更年期によってできるしわやたるみの原因や対策について、詳しく見ていくことにしましょう。

更年期の影響でしわやたるみが生じる!?

更年期によって起きてしまう症状は、ツライものが多く、それらの症状を和らげるために薬や生活改善などさまざまな対策が必要です。

身体的な症状もツライですが、やはり女性にとって、しわやたるみは大きな悩みになるでしょう。

女性にとって、美容の問題は深刻なものですので、対策をしておかないと一気に老け込んでしまいます。

次のような症状が当てはまる方は、更年期の影響を受けている可能性があるので早めにケアしましょう

  • しっかり保湿しても、肌が潤わない
  • 肌の調子が悪く、化粧のノリもイマイチ
  • トラブル知らずの肌だったのに、急に化粧品が合わなくなった など

しわ、たるみの原因

更年期を迎えて、肌の老化をより強く感じる女性は多くいるでしょう。

これは、ただ年齢が原因なのではなく、更年期によるエストロゲン減少、真皮ヒアルロン酸低下が原因

更年期によって起きるエストロゲン減少は、皮膚を薄くしてしまい、水分が蒸発しやすくなり、乾燥を引き起こしてしまいます。

それに加え、加齢や紫外線の影響で、肌のハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンも減少

その結果、肌の弾力が衰えて、顔にしわやたるみなどのエイジングサインが目立ち始めてしまうのですね。

しわやたるみには、しっかり対策を!

乾燥は肌にとって天敵なので、乾燥対策をしっかりとしたスキンケアをしましょう

まずは、化粧水で水分、乳液やクリームで油分を肌に与え充分に保湿さえ、肌を乾燥させないようにすることがポイント。

さらに、紫外線対策として、日焼け止めや日傘などで肌を守りましょう。

更年期だからしょうがないと諦めずに原因をしっかり理解し、それに応じた対策を取ることが大切ですよ。

更年期によるその他の体への影響

更年期の症状には個人差があり、人によって症状の重さなどに差が出て、日常的に支障が出てしまう場合もあります。

一気に怒りを爆発させた後、一気に落ち込む等の感情の起伏が激しくなったり、生理に変調があったり、肩こりなどがひどくなるなど・・・

心身共に、今まであまりなかったような状態が起きてしまうと、もしかしたら更年期かもしれません

そういった症状や、体や心に及ぼしてしまう更年期と、更年期によって起きてしまう症状について説明していきますね。

更年期障害の原因とは?

主に、40代から50代にかけてなる人が多い更年期障害。

原因として最も大きいのは、加齢と女性ホルモンの減少でしょう。

女性ホルモンが減少してしまうと、自律神経が乱れてしまいやすくなり、精神的な不調にも繋がります。

基本的に女性ホルモンの減少を抑えることは難しいですが、それによって伴う体や精神的な症状の緩和をすることは可能。

女性ホルモンに似ている働きのある「エクオール」という成分があり、それを摂取することによって症状の緩和が期待できると言われています。

またエクオールには、メタボ改善などの効果があることも証明されていますよ。

更年期によって起きてしまう主な症状とは?

更年期によって起きる、体や心の症状はさまざまなものがあります。

エストロゲンという女性ホルモンが減少することにより、自律神経が乱れてしまい、それによって引き起こされるホットフラッシュという症状が代表的。

何の前触れもなく、突然顔が熱くなったり、汗が出てきたりします。

かと思えば、手足が急に冷えるということもあるので、非常に不快に感じる女性がほとんど。

また、肩こり腰痛頭痛が起きる人も多いです。

自律神経が乱れて、血液の循環が悪くなることによって起きてしまう症状。

年齢によるものなどと捉えずに、あまりに続くようなら更年期を疑った方が良いでしょう。

更年期障害の症状の一つで、精神的な症状も多く見られます。

イライラが収まらなかったり、憂鬱になったり、気持ちの波の差が激しいのが特徴的。

感情のコントロールが上手くいかない集中力がない何もやる気が起きないなど・・・

明らかに、精神的に不調になっていると自覚症状がある40代、50代の女性は更年期の症状かもしれません。

このように、今まで経験したことがないような症状が体に起きた場合は、病院に行ってしっかり診察してもらうことをオススメします。

更年期の症状への対策

更年期障害は、女性ホルモンの低下によって起きる症状だから防ぎようがないと諦めている女性も多いはず。

しかし、更年期によって起きる症状を和らげる方法はたくさんあります。

まずは、無理をしない程度に運動を定期的に行うようにしましょう。

体を動かすことによってストレスが解消され、心地良い疲労感は充実感も味合うことができます。

筋トレのような無酸素運動よりも、ウォーキングや水泳など有酸素運動を自分のペースで楽しくできればベストです。

1日に6時間以上の睡眠をとる、というのも非常に大事。

睡眠不足は体、精神共に変調、不調を及ぼしてしまいます。

症状によって寝付けないなど、あるかもしれませんが、できるだけ毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるなどリズムを整えることも大事でしょう。

病院に行くというのが1番の対策かもしれませんが、薬だけではなく、上記に挙げたような健康的な生活を意識することによって、次第に症状は和らいでくるはずです。

まとめ

更年期による影響は、心や体だけではなく、肌にも大きく関わっていることがわかりました。

女性ホルモンの影響で、肌のトラブルの原因である乾燥を引き起こしてしまうため、しわやたるみが生じてしまいます。

しかし、更年期だからといって諦めるのではなく、常日頃から規則正しい生活とスキンケアをしっかり行うことが大切

スキンケアで肌の乾燥を防ぎ、紫外線を予防することで、更年期によるしわやたるみの改善にも繋がります

更年期だからと構えて特別なことをするのではなく、できることから行うことで精神的にもラクになるでしょう。

スキンケアを新しく自分に合う化粧品を探すなど、毎日のスキンケアを楽しんで行うことがオススメです。

> しわたるみに効くおすすめ化粧品はこちら

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ