ほうれい線ケアは美容液がカギ!効果的な美容液選びでほうれい線を解消

ほうれい線が気になるようになったら、美容液を見直してみましょう。

ほとんどが水で構成されている化粧水に比べ、美容液は非常に豊富な美容成分を凝縮し、配合されています。

エイジングケア美容液は、ほうれい線の原因となる、たるみやしわを改善できる成分が配合されていますし、肌の大敵である乾燥を予防するための保湿成分も豊富

では、年齢や蓄積していくダメージと戦いながら、ほうれい線を解消することができる美容液とはどのようなものなのでしょうか。

今回は、ほうれい線に効果的な美容液の選び方、配合していると効果が高い成分などを紹介していきますね。

ほうれい線に効果的な美容液ランキング

モイストリフトプリュスセラム
皮膚科女医と共同開発のドクターズコスメでほうれい線を改善!

  • 使い心地に満足90%、肌に効果を感じた98%、また使ってみたい95%!
  • DMAEが角層の奥まで作用!口元のたるみをすっきり解消
  • ほうれい線が消える!ハリのある口元に!
  • 保湿力が高く、24時間しっとり潤う!
価格 内容量
10,800円→7,560円(税込) 30mL
sayousaidai

kousiki

透輝の滴
美容のプロが愛用中の美容液!ハリ成分配合でほうれい線も解消!

  • エステサロン専用の美容液がついに解禁!
  • お肌のハリ成分を8種類も配合し、ほうれい線線にも効く!
  • 無添加で肌トラブルを抱えている人にも安心
  • コスメティック総選挙3年連続1位、ハリ肌美容液第1位、海洋深層水コスメ第1位。
価格 内容量
2,160円(税込) 10mL
sayousaidai

kousiki

シグナリフト
医療の研究員が厳選した成分でほうれい線が消える!

  • エイジングケア成分でほうれい線を改善!
  • 独自成分シグナペプチドの力で、コラーゲンの生成を活性化
  • 女性医師からも絶賛されている実力派クリーム
  • 加齢や乾燥から肌を守り、若々しい肌へ導く!
価格 内容量
10,8005,400円(税込) 33mL
sayousaidai

kousiki

ほうれい線ケアができる美容液の選び方

まずは、どのような美容液を選べば、ほうれい線解消への近道なのか?

ほうれい線ケアができる、美容液の選び方から見ていくことにしましょう。

皮膚が薄い口元は、乾燥しやすい上に、ダメージが蓄積しやすい場所です。

また、食事やメイクのたびに摩擦を受ける場所でもあり、保湿とダメージケアが重要となるでしょう。

ほうれい線対策の美容液に求める効果

乾燥肌を潤す強力な保湿力があるもの

年齢とともに、肌は次第に乾燥していくでしょう。

肌の乾燥が進行すると、たるみしわの原因となり、ほうれい線などのエイジングサインに繋がります。

ほうれい線解消のために、まずはしっかりと保湿して肌の乾燥を予防することが重要ですよ。

年齢肌に優しい処方、安全性の高い美容液

年齢を重ねた肌は、非常に敏感になっています。

ほんの少しの刺激でも、さらなるエイジングサインの元になってしまうことも。

エイジングサインが出ている年齢肌には、できるだけ無添加低刺激の肌に優しい美容液を選ぶようにしましょう。

肌内部の成分の生成を促進する美容成分を含むもの

肌内部にあるコラーゲンエラスチンヒアルロン酸などの成分は、肌細胞の生成、潤い保持、バリア機能などさまざまな役割を担っています。

しかし、そういった成分は年齢とともに減少し、ハリや弾力、再生力やバリア機能が衰えてしまうでしょう。

そうなると、肌のたるみによる、ほうれい線というエイジングサインが出現

その他にも、年齢を感じさせる肌に状態になってしまいます。

肌内部のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を補い、生成をサポートする働きのある美容液を使うことで、若々しくハリのある肌を維持することができるでしょう。

抗酸化作用に優れたもの

肌は、紫外線によるダメージが蓄積すると、さらに老化が加速します。

年齢肌は、今までに浴びてきた紫外線ダメージが蓄積された状態のため、そのダメージを軽減する抗酸化作用の効果に優れた成分を配合した美容液もオススメ

肌細胞の老化を抑制し、紫外線などの外部刺激によるダメージを緩和することができる成分を配合しているものを選びましょう。

美容効果のある成分がバランスよく配合されている

年齢を重ねた肌は、さまざまな対処が必要となります。

保湿することはもちろんのこと、肌再生や抗酸化などのケアも必要不可欠

ほうれい線の原因は、多岐にわたります。

加齢乾燥など、ほうれい線の原因に幅広く対処できる美容成分が含まれている美容液を選びましょう

ほうれい線解消のために必要となる美容成分

では、ほうれい線対策用の美容液には、どのような成分が含まれていることが望ましいのでしょうか。

ここからは、ほうれい線を解消するための美容液の成分、しわやたるみを解消し、若々しくハリのある肌になるために必要となる成分を紹介していきますね。

ほうれい線を解消する効果のある美容成分

保湿成分で乾燥を予防

ほうれい線をケアするうえで欠かせないのが、保湿成分

保湿成分には水溶性と油溶性があり、それぞれ効果が微妙に異なります。

水溶性の保湿成分であれば、コラーゲンヒアルロン酸プロテオグリカンなどがオススメ

高い水分保持力、水分を抱え込む効果に優れていて、しっかりと肌を潤していくことができます

油溶性であれば、セラミドスクワランが良いでしょう。

水分をしっかりと挟み込み、肌のバリア機能を強化することができます

肌細胞生成を促す

コラーゲンやエラスチンなど、肌内部の成分にアプローチすることができるということも重要。

年齢とともに減少していく肌の保湿成分の生成を促し、若々しくハリのある肌に導くための美容成分です。

ビタミンC誘導体ビタミンA誘導体などが有名で、肌に浸透し、肌内部の成分生成を強力にバックアップしてくれるでしょう。

肌内部の潤い成分がしっかりと作りだされるようになると、肌のバリア機能強化にも繋がります。

抗酸化作用でダメージを修復

紫外線などの外部刺激によって、肌細胞が酸化することも、ほうれい線を作りだす要因。

肌細胞は酸化してしまうと加齢スピードが早くなるとともに、修復力再生力を失ってしまいます。

結果として肌の衰え、全体的な機能の脆弱化によって、さまざまなエイジングサインの原因に。

そのため美容液には、抗酸化作用に優れた成分を配合していることも重要となります。

ビタミンC誘導体ビタミンE誘導体プラセンタエキスアスタキサンチンなどの成分がオススメですよ。

美容液は正しく使わないと効果が実感できない!

いくら良い美容液を使っても、正しく使わないとその効果を実感できません

美容液を正しく使って、ほうれい線の解消に繋げましょう。

美容液の使う順番は?

美容液って、1番最後に使うイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、基本的には化粧水の後に使って、その後乳液でのお手入れになります

スキンケアとしては、洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番。

ですが、美容液によっては、化粧水を使用する前に使ったり、お手入れの最後に使うものもあります。

お手入れする前に、使用方法を確かめて使うようにしましょう。

使う量を守る!

「たくさん塗ったら効果がUPしそう」

「高い美容液だから少しずつ使おう」

なんて考えて、使っている方はいませんか?

使う順番とともに、使用量も守らないと、十分な効果を実感することはできません

せっかく効果の高い美容液を使っても、効果が実感できないなんて残念。

製造メーカーの使用量を守ってお手入れすることが、1番効果が実感できる方法なのです。

まとめ

ほうれい線対策のカギとなる美容液、選ぶ際にはさまざまな点に注意して選ぶようにしましょう。

保湿力、総合的なエイジングケア効果、さらに低刺激や無添加にこだわったものがオススメです。

「ほうれい線は1㎝長くなると、6歳老けて見える」とも言われています。

ほうれい線を解消することは、若々しい見た目を作りだす上で、最重要課題と言えるでしょう。

ほうれい線解消のためには、自分に合った美容液を選び、毎日コツコツとスキンケアを重ねていくことが大切です。

> ほうれい線に効果的な美容液ランキング

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ