ほうれい線が目立ち始める30代!原因を解消してスキンケアで対策を

30代になると、いろんな肌トラブルに加えて、ほうれい線で悩む方も多いでしょう。

一般的にも、30代の半ばあたりから、ほうれい線が目立ちやすくなる時期だと言われています。

その原因は、年齢的なものだけなのでしょうか?

30代のほうれい線は、早めのケアで薄くしていくことも、予防することも可能です。

ここでは、30代の肌の状態やほうれい線ができる原因、ほうれい線が消える化粧品ランキングを紹介していきますね。

また、ほうれい線がある人とない人の違いについても、詳しく見ていきましょう。

30代のほうれい線に効く人気化粧品ランキング

ディセンシア アヤナス
アヤナスは30代のベストコスメ!ほうれい線の対策にもオススメ

  • 保湿力・抗酸化力に優れ、30代のほうれい線に効果的!
  • 肌のバリア機能を強化して角層を整え、美肌サイクルへと導く!
  • ストレスによる肌荒れを改善し、美肌成分が効きやすい肌環境を作る
  • スキンケア大学認定、AllAbout通販ベストコスメ大賞、LEE冬コスメ最優秀賞、30歳美容ベストコスメ受賞
価格 内容量
2,700
1,480円(税込)
  • 濃密化粧水アヤナス(20mL
  • 糖化ケア美容液(10g)
  • ハリアップクリーム(9g)
  • 目もと用アイクリーム1回分
sayousaidai

kousiki

ビーグレン
肌細胞を蘇らせて、30代でもほうれい線のない肌を取り戻す!

  • 肌のバリア機能を向上させて、潤いを逃さずしわのないキメの整った肌に!
  • 5つのリフトアップ成分で、たるんだ肌を内側から引き締める
  • ビーグレン独自のQuSome技術で肌トラブルの元まで成分が浸透
  • 内側からの保湿効果により、ほうれい線のない弾力肌に!
価格 内容量
5,588
1,800円(税抜)
  • クレイウォッシュ(15g)
  • QuSomeローション(20mL)
  • QuSomeリフト(10g)
  • Cセラム(5mL)
  • QuSomeモイスチャークリーム(7g)
sayousaidai

kousiki

モイストリフトプリュスセラム
皮膚科女医と共同開発のドクターズコスメで30代のほうれい線を解消

  • 使い心地に満足90%、肌に効果を感じた98%、また使ってみたい95%!
  • アセチルコリンを補い、たるみ肌からハリのある肌へ!
  • 落ちた肌は上げればいいという目的だけに作られた美容液
  • DMAEが角層の奥まで作用!30代のほうれい線にも効果抜群!
価格 内容量
10,800円→7,560円(税込) 30mL
sayousaidai

kousiki

30代の肌の状態とは?

30代に多い肌の悩みとして、くすみしみしわハリの低下などを感じる方が増えるでしょう。

30代は、ホルモン分泌のピークと言われるように、生理前のホルモンの変動で、体調だけでなく肌の調子にも波がでてきます。

また、女性の社会進出、晩婚化が続いて、女性がストレスにさらされる機会も増えました。

そういった事が原因で、睡眠不足や栄養の偏りが生じ、肌の老化が進んでしまうのです。

30代になると、エイジングケア化粧品でスキンケアすることが大切

5年、10年先に美肌をキープするためにも、30代のうちからエイジングケアをしっかりしておきましょう。

30代でほうれい線ができる原因

30代のほうれい線の原因として考えられることは、主に3つ。

まず、ほうれい線の対策をする前に、原因を知っておくことが大切です。

加齢によるもの

30代になると、コラーゲンエラスチンが減少し、肌のハリや弾力が失われてしまうでしょう。

また、加齢によって表情筋が衰えていき、肌にたるみが生じます

この肌のたるみが、ほうれい線の原因に。

しかし、30代のほうれい線が、口元まで進行することは、ほとんどありません。

早めに対策をすることで、ほうれい線の進行を抑えることができるでしょう。

肌ケアの怠りによるもの

肌のトラブルの大きな原因は、紫外線によるもの。

紫外線に当たると、肌の老化は促進されます

今まで日焼け止めクリームなどを使わずに、紫外線のダメージを受けてきた方は、30代になってその影響が表れはじめるでしょう。

生活習慣によるもの

次のような原因は、30代だけに考えられるものではありません。

普段の生活から、意識して改善していくようにしましょう。

  • 偏った食生活による、肌の糖化や酸化
  • 急激なダイエット
  • 睡眠不足
  • 猫背や前屈みなどの悪い姿勢
  • 肌のむくみ

 

30代は、先程もお伝えしましたが、ストレスの多い環境で生活している方が多いですよね。

その分、肌の老化に繋がるような、ライフスタイルになっているのも原因の1つです。

喫煙は老化を進める!

生活習慣の中でも、喫煙は1番控えて欲しいもの。

タバコを吸うと、大量のビタミンCが破壊されてしまいます。

ビタミンCは、肌のハリを保つほか、しみやそばかすを防ぐ抗酸化作用があるので、タバコを吸うことによって、老化が進んでしまうでしょう。

ちなみに、タバコ1本で失われるビタミンCは、なんとレモン1個分

失ったビタミンCを補うのは、大変なことですので、健康の面からも見ても、禁煙することをオススメします。

ほうれい線のある人とない人の違いって何?

同じ30代でも、ほうれい線のある人とない人の違いって何なのでしょうか。

ほうれい線があることによって、見た目年齢が5歳上がると言われています。

同じ年齢なのに、老けて見られるなんて、ショックすぎますよね。

ほうれい線のない方の特徴で、1番の主なものは「表情筋が良く動いている」こと。

表情豊かな人の多くは、表情筋が鍛えられているので、ほうれい線ができにくいのでしょう。

その他にも、ほうれい線のない方の特徴は・・・

  • 紫外線対策を1年中しっかりしている
  • 保湿ケアを徹底している
  • 適度な運動をしている
  • タバコを吸わない
  • 規則正しい生活を送っている
  • ストレスがない

こういった事からも、生活習慣の改善やストレス解消が、ほうれい線を予防する対策に繋がることがわかりますね。

30代のほうれい線を消す対策は?

1度できてしまったほうれい線は、なかなか思うようには消えてくれません。

しかし、30代のほうれい線は、深き刻まれているものではないので、しっかりケアすれば改善できるでしょう。

食生活の見直し

肉中心の食生活は、肌に良くありません。

良質なたんぱく質を摂取し、肌のターンオーバーを促進させてあげましょう

魚や納豆、野菜、穀物類、海藻などをバランス良く食べることが大切。

また、ビタミンやコラーゲンは肌の潤いを保ち、老化を防止するために最も必要な栄養素です。

緑黄色野菜や豚肉、ナッツなどを毎日食べるようにしましょう。

しかし、毎日の食事から必要な栄養素を摂ることは難しいですよね。

そういった方は、サプリメントなどを利用することをオススメします。

>>コラーゲンサプリ「すっぽん小町」の公式サイトはこちら

表情筋を鍛える

表情筋が衰えることによって、ほうれい線が生じます。

食事の際には、良く噛んで食べることを意識することや、固い食べ物を食べるようにしましょう

また、スキマ時間などにオススメなのが「べろ回しエクササイズ」。

とても簡単にできるので、毎日継続して行うと、さらに効果が期待できますよ。

ベロ回しエクササイズのやり方

舌をよく使って、歯をなぞるようにグルグル回しましょう。

左右20回ほど行うことで、フェイスラインの引き締め効果が期待できます。

 

生活習慣の改善

毎日の生活の中で、少し意識して習慣や癖を改善しましょう。

正しい姿勢をキープすることや、片方ばかりで食べ物を食べない、仰向けで寝ることも大切です。

そして、肌の大敵になる、タバコはやめるように心がけましょう。

また、適度な運動をすることで、むくみを改善することも効果的

趣味やスポーツをすることで、ストレス発散にもなるので、楽しみながら行うと良いでしょう。

全く関係のないように思えますが、規則正しい生活を送ることが、ほうれい線の解消に繋がるのです。

紫外線対策はしっかりと!

そして、忘れてはいけないのが、紫外線対策

1年中、室内にいる時も、しっかりと紫外線対策をするようにしましょう

紫外線にあたることによって、肌の老化を促進してしまうので、日焼け止めクリームや帽子、サングラスなどで対策することをオススメします。

30代のほうれい線に効果的なスキンケア

30代のスキンケアを選ぶ際に、もちろん保湿成分が含まれている事は大切ですが…

コラーゲンやエラスチン、エストロゲンの生成を助けるための成分が含まれているものを選ぶようにしましょう

30代になると、保湿だけではほうれい線のケアをしても改善が難しくなります

また、化粧品に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸は、直接肌のコラーゲンやヒアルロン酸になる事はありません。

ほうれい線対策としては、下記の成分が含まれているものを選びましょう。

・ビタミンC誘導体 ・ナールスゲン ・プロテオグリカン ・ネオダーミル ・アスタキサンチン など

 

忙しい30代には時短ケアでほうれい線予防を!

30代の女性の肌は、乾燥するのに大人ニキビもできてしまう・・・

といった、アンバランスな状況にあります。

それはまさに、肌のターンオーバーの乱れがスタートしている証拠

しかし、仕事や育児が忙しくて、スキンケアする時間がままならないという方も多いはず。

そういった方には、化粧水や乳液、美容液、下地などが1つになったオールインワン化粧品がオススメです。

バタバタした日々の中でも、たった1つでケアできるので便利ですよ。

また、ほうれい線対策として、ローションパックをしながら家事をするなど、有効なスキンケアの時間を過ごしましょう。

まとめ

30代のほうれい線は、まだ浅いものが多いので、しっかりケアすることで改善することができるでしょう。

普段の生活習慣の見直しや、ストレスをためない生活を送ることも大切です。

また、30代は仕事や育児に忙しい時期。

スキンケアも手抜きになりがちですが、ここでケアを怠っては取り返しがつかなくなります。

ほうれい線に効果的な成分が含まれた、エイジング化粧品でしっかりとケアしましょう

> 30代のほうれい線に効く人気化粧品ランキング

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ