まだ高校生なのにほうれい線が!10代のほうれい線は予防と改善が重要

ほうれい線というと、30代から40代くらいから始まる肌の悩みのように感じる人が多いでしょう。

しかし昨今、10代高校生でもほうれい線が目立ってしまうという人が増えています。

そんな若い年代から、どうしてほうれい線ができてしまうのでしょうか?

それは、現代人の生活の中には、若いうちからほうれい線が目立ってしまう要因が溢れているから。

ここでは、10代の高校生なのにほうれい線ができてしまう原因や、改善方法について詳しく解説してきます。

10代の高校生にオススメ!ほうれい線に効く化粧品ランキング

rank1aメディプラスゲル
美容成分66種類!肌環境の向上で、10代のほうれい線を解消!

  • たった1本で4役のオールインワンゲルでほうれい線を消す!
  • 肌環境を改善する美容成分66種類を惜しみなく配合
  • 1ヶ月のスキンケア代が1,498円!コスパも良い!
  • モンドセレクション3年連続金賞、満足度97%、累計800万本突破!
価格 内容量
3,996円→2,996円(税込) 180g
sayousaidai

kousiki

ディセンシア アヤナス
アヤナスは10代のほうれい線に効果抜群!敏感肌でも安心

  • 保湿力・抗酸化力に優れ、10代のほうれい線に効果的!
  • 肌のバリア機能を強化して角層を整え、美肌サイクルへと導く!
  • ストレスによる肌荒れを改善し、美肌成分が効きやすい肌環境を作る
  • スキンケア大学認定、AllAbout通販ベストコスメ大賞、LEE冬コスメ最優秀賞など
価格 内容量
2,700
1,480円(税込)
  • 濃密化粧水アヤナス(20mL
  • 糖化ケア美容液(10g)
  • ハリアップクリーム(9g)
  • 目もと用アイクリーム1回分
sayousaidai

kousiki

まだ10代高校生なのにほうれい線ができてしまう原因とは?

ほうれい線があるだけで、随分老けた印象を与えてしまうもの

まだ若い高校生にほうれい線があっても、同じように老け顔の原因となってしまいます。

では、まだ10代と若い年代であるにもかかわらず、どうしてほうれい線ができてしまうのでしょうか。

まずは、10代の高校生でもほうれい線ができてしまう原因について見ていくことにしましょう。

外部刺激や紫外線によるダメージの蓄積

高校生でもメイクをしたり、頻繁にスキンケアをしているという人も多くなっています。

まだ10代のうちから、コスメを愛用することによって、肌への刺激摩擦ダメージは着実に蓄積していっていると言えるでしょう。

若いうちは、肌細胞が化粧品の刺激や摩擦によって傷つけられたとしても、回復力があるため、あまり深刻な肌トラブルや肌の悩みに繋がることはありません

しかし、肌内部には少しずつダメージが蓄積してしまい、何の対策も講じなければ、まだ若い高校生くらいでもほうれい線が目立つようになってしまうのです。

紫外線については、肌に深刻なダメージを与えるとして、対策を取っている人も多くなりました。

しかし、10代や高校生くらいではまだまだ肌の衰えにつながるという危機感が薄く、徹底した紫外線対策を取ることは少ないでしょう。

紫外線によっても、肌内部のコラーゲンやエラスチンが深刻なダメージを受け、肌のたるみや乾燥を引き起こします

高校生であっても、紫外線による肌ダメージは深刻となってしまうため、若いうちからの紫外線対策は大切ですよ。

ダイエットによる急激な肌の衰え

高校生の中では、ダイエットをしている人の割合が多いです。

実は、そのこともほうれい線ができるという、肌の衰えを加速させてしまう原因に。

10代高校生という、まだ体や細胞などが成長している途中段階で、過度の食事制限や極端に偏った食生活をすると、肌細胞にも深刻な障害をもたらすようになります。

ダイエットをして痩せるのと同時に、肌細胞も痩せ衰え、肌の弾力やハリ、水分保持力が衰えてしまうでしょう。

無理なダイエットをすると、特に顔に影響が出やすいもの

顔のたるみやほうれい線など、体が痩せたのと同時に肌細胞も痩せ、老け顔になってしまいます

スマートフォンやパソコンの影響も

1日の中で暇があれば、パソコンやスマートフォンを操作している高校生は多いはず。

猫背で前のめりになり姿勢が悪くなる、会って話すわけではないので表情は固まったまま、こういったパソコンやスマートフォンの影響もほうれい線の原因に。

表情筋は、日々使われないようになってしまうと、次第に衰えてしまうのです。

また、操作の際に下を向くということは、重力に従って頬の肉が下に向くことになり、口元のほうれい線が目立つようになる「しわの癖」がついてしまうでしょう。

生まれつきの骨格によるもの

元々、ほうれい線が目立ちやすい骨格が原因になることも。

頬骨が高くて、顎が小さめだと、ほうれい線ができやすいと言われていますよ。

顔が痩せすぎていたり、頬に肉がつきすぎてたるみ気味になると、ほうれい線が目立ちやすくなるでしょう。

また、歯並びの影響でほうれい線が生じることもあります。

出っ歯の人は、口周りの皮膚に負担がかかったり、口呼吸になり口が乾燥しやすい傾向。

すると、口元の皮膚も乾燥して、ほうれい線の原因に繋がることもあるのです。

簡単エクササイズでほうれい線を予防

10代の高校生でも、表情筋が衰えている人も少なくなりません。

スキンケア以外に、簡単なエクササイズを行って、表情筋を鍛えましょう。

まだまだ若いので、毎日続けることで、目立ち始めたほうれい線を消すことは可能です。

大きく口を動かして口周りを刺激する「あいうえお体操」や、舌を歯の裏側に沿ってぐるりと動かす「ベロ回し体操」がオススメ。

遊び感覚で、口笛を吹いたり風船を膨らませることも、口周りの筋肉を鍛え、血行を良くする効果があるので、ほうれい線の改善に繋がるでしょう。

10代からほうれい線を予防するスキンケアが大切

ほうれい線の原因は、肌がたるんだり、潤い不足で乾燥したりすることが大きな原因となります。

高校生でほうれい線に悩まないようにするためには、上記のようなほうれい線を招いてしまう生活習慣や、食生活を改善することが大切。

それと同時に、10代からのエイジング対策のスキンケアをしていくと、さらに予防に繋がるでしょう。

ほうれい線を予防するための方法やスキンケア

ほうれい線を予防していくためには、肌のたるみを予防することが重要になります。

紫外線はもちろん、あまり若いうちからメイクをすることもオススメできません。

さらに食生活や生活習慣、スマートフォンの使いすぎなどに注意するように!

スキンケアは、肌のたるみを防ぐために、高い保湿力のあるもの、抗酸化作用に優れた成分を配合しているものを選びましょう

しわやたるみ、ほうれい線を予防するスキンケアのコツ

ほうれい線の原因となる、しわやたるみを予防するためのスキンケア。

まだ高校生であれば、続けるだけでも大変という人も多いでしょう。

そこで、続けやすいほうれい線対策のスキンケアをご紹介します。

毎日コツコツ続けるためにシンプルケアを目指す

高校生であっても、毎日コツコツとスキンケアを続けていくには・・・

まず何といっても、シンプルでストレスフリーのスキンケアを心がけるということ。

いくつもの工程があっては、時間も手間もかかり、継続することが重要なスキンケアも3日坊主に終わってしまいかねません。

できる限り手順を省略することはシンプルかつ肌にも良い

手順を最小限にするということは、シンプルケアを徹底して続けやすくするということのほかにもメリットがありますよ。

いくつものアイテムを重ねるというスキンケアは、手や指の摩擦による刺激、配合している化学成分などの量も多くなってしまいます。

シンプルケアは、肌を摩擦し刺激する回数を激減させ、自活力のある肌作りをすることができるでしょう。

若いうちから保湿を徹底する

乾燥は、どの世代においても肌に大きなダメージを与えることになります。

若いうちは、「肌の乾燥など関係ない!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、年齢を重ねてから肌の潤い成分が減少してくる前に、しっかりと潤い成分を補給し、水分保持力を高めておくことはとても肌に良いことです。

肌が水分を失わず、ほうれい線の原因を作りださせない、若いうちからあらゆる肌トラブルやエイジングサインの予防に繋がるでしょう。

保湿成分である、セラミドヒアルロン酸、その他にもコラーゲンビタミンC誘導体エラスチンが配合されたスキンケアを選ぶと良いですよ。

まとめ

ほうれい線は、今や年齢を重ねた人だけの肌悩みではなくなっています

10代で、まだまだ肌細胞の生まれ変わりや代謝、潤い保持力のある高校生でも、ほうれい線に悩む人が増えているのが現状。

高校生でも、ほうれい線があると、老けた印象を与えてしまいます。

まだまだ若いから大丈夫!だと過信せずに、ほうれい線が気になり出したら、早めの対策を行いましょう

スキンケアやエクササイズだけでなく、普段の生活習慣を見直すことで、ほうれい線の解消に繋がるはずです。

> 10代のほうれい線に効果的な化粧品ランキング

希望の条件でしわたるみ化粧品を探す

部位
価格
化粧品
こだわり条件

口コミ投稿フォーム

あなたが利用したエイジングケア化粧品の口コミをお待ちしています!

サブコンテンツ

このページの先頭へ